menu

瓶づめ前の原酒、試飲してきました

3月1日、百農民ワインの葡萄の醸造を委託している、シャトージュンの醸造責任者・仁林さんとの打合せで、山梨県・勝沼へ行ってまいりました。ワインの瓶詰め前の、原酒の試飲をさせて頂くためです。

既報のとおり、今春は「シュール・リー方式」と言われる醸造方法で仕込んだワインを新たにリリース予定としています。こちらの原酒をタンクより抜き取り、試飲をさせて頂きました。

分厚いボディ! 旨味、酸味もしっかりしています。澱と一体となって熟成させているためか、にごり酒のように白い液体です。

続いての試飲は、「百農民・甲州2019 ノンフィルター」です。こちらは、試験的に1本だけ瓶詰めされたものを用意して頂いていましたので、こちらでテイスティングをさせて頂きました。 
上記、ご覧のとおり、既に『澱』が析出してします。この無濾過タイプのものも、シュール・リーに負けず劣らずボディがしっかりしており、酸味もしっかり、旨味もがっちりありました。

今期も、自信をもってリリースがさせて頂けそうです。
みなさま、甲州ワイン「百農民2019」、どうぞ期待ください!

収穫後の醸造の経過報告

延期のお知らせ)新酒ワインお披露目

関連記事

  1. 収穫後の醸造の経過報告

    10月の収穫と、醸造後のご報告です。12月19日、百農民ワインの醸造を委託しているシャトージ…

  2. 葡萄畑の様子(2017年9月25日)

    2017年9月25日の畑の様子になります。果実もしっかりと色づき、ついに収穫間近です…

  3. 葡萄畑の様子(2017年5月28日)

    2017年5月28日の畑の様子です。葡萄農家の三森さんから、畑の写真が届きました。(5月28…

  4. クラウドファンディング(第二期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。第一期募…

  5. 5/12(日)畑の様子

    2019年5月12日の畑の様子です。気候も一層暖かくなり、それに合わせたように葉ぶりもいよいよ盛…

  6. 葡萄の葉が芽吹いてきました(4月19日)

    4月19日の百農民の葡萄畑の様子です。勝沼は4月も下旬を迎え、気候もだいぶ暖かくなってきました。…

  7. 甲州種について

    甲州種という葡萄は、日本固有の品種で、明治期にワイン醸造技術が伝わったことを契機に、栽培が盛んになり…

  8. 5月25日に新酒お披露目やります「百農民 甲州2018」

    2019/5/25(土)19時より、新宿区の(株)百農民のオフィス(4階会議)室にて、甲州ワイン「百…

PAGE TOP