menu

バックビンテージの飲み比べイベント開催しました!

時代の集結!百農民ワインのバックビンテージの飲み比べイベントを開催しました。

 先日、社内のワインセラーを開放し、一つの特別なイベントを開催しました。
今回のイベントでは、我々が誇る百農民ワインのバックビンテージが一堂に会し、その魅力を存分に堪能することができました。

 この飲み比べイベントは、当社のワインが年代を経るごとにどのように進化し、その味わいが変化していくのかを体感するためのものです。
それぞれの年代のワインが持つ、独自の特徴と風味。それらはまるで時の流れを味わうかのようで、参加者の皆さまからは驚きと発見の声が上がっていました。

さまざまな年代のワインが並ぶテーブルは、まるでタイムマシンのようです。
各ワインは、その製造年によって微妙に異なる香りと風味を放っています。

古いヴィンテージのワインは、その深い味わいと複雑さを引き立ててくれ、新しいヴィンテージのワインはそのフレッシュさと爽やかさを提供してくれます。

 

 また、この飲み比べは、単にワインの違いを味わうだけでなく、その製造過程と品質についての我々のこだわりを再度共有する機会でもありました。
収穫から醸造、熟成まで、ワイン一つ一つがこだわりを込めて作られています。

イベントが進むにつれ、参加者たちはそれぞれのお気に入りの年代を見つけ、様々なワインの組み合わせを試していました。

参加者一人一人の表情、そしてそれぞれが発見する新たな風味と体験が、このイベントを一層楽しいものにしてくれました。

 このイベントを通じて、私たちは再び、ワインというのはただの飲み物でなく、時間、人、そして土地と密接に結びついた生きた芸術作品であることを思い出しました。

そして、それぞれのバックビンテージが持つ独特の特性と魅力を再認識することができました。

ワインの飲み比べイベントは、我々がこれまで築き上げてきたワインの歴史と伝統、そして未来への展望を共有できる素晴らしい機会でした。

我々のワインに対する情熱と愛情を一緒に感じ、そして新たな味わいと発見を共有できたこと、それが何よりも価値ある経験でした。

百農民ワインは農薬を使わないため、2020年は惜しくも不作でワインを作ることができませんでした。
こうしてボトルされているものを毎年見るたびにある種の奇跡のような物語を感じずにはいられません。

そして最後に、この特別なイベントに参加してくださった皆様、そして日々我々のワインを愛してくださる皆様に心からの感謝をお伝えします。
これからも我々のワインをお楽しみいただければと思います。

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
次回のイベントでお会いできるのを楽しみにしています!

百農民甲州2021ラベルデザインについて

関連記事

  1. 収穫後の醸造の経過報告

    10月の収穫と、醸造後のご報告です。12月19日、百農民ワインの醸造を委託しているシャトージ…

  2. 12/3(日)醸造の様子を聞いてきました

    12/3(日)に、甲州市勝沼のワイナリー、シャトージュンさんに行ってまいりました。シャトージュン…

  3. 10/4(水)葡萄の収穫祭!

    10/4(水)に、「百農民甲州2017」に使用する甲州葡萄の収穫作業を行う為、山梨県甲州市まで行って…

  4. 瓶づめ前の原酒、試飲してきました

    3月1日、百農民ワインの葡萄の醸造を委託している、シャトージュンの醸造責任者・仁林さんとの打合せで、…

  5. クラウドファンディング(第二期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。第一期募…

  6. 葡萄の葉が増えてきました(2020年5月13日)

    5月13日の葡萄畑の様子になります。以前に比べ、だいぶ葉が増えてきました!葡萄の実もでき…

  7. 葡萄農家(三森ご夫妻)

    三森さんは、ご夫妻で葡萄農家を営んでいます。お宅の近くにいくつかの葡萄畑を構えており、農園ま…

  8. 勝沼ぶどう郷駅について

    山梨県甲州市には、『勝沼ぶどう郷』駅という、お洒落な名前の駅があります。勝沼ぶどう郷駅には、…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP