menu

収穫後の醸造の経過報告

10月の収穫と、醸造後のご報告です。

12月19日、百農民ワインの醸造を委託しているシャトージュンの醸造責任者・仁林さんと、2020年の春先のボトリング(瓶づめ)と出荷までの過程における「ワインの方向性」について、協議しました。

その結果、「百農民2019」では、タンク内で現在熟成中の同じ原液から、「2タイプをワイン」を用意することにしました。①ひとつは、12月末ごろに1回目の澱引きをし、その際に上澄み液を抽出したものをそのまま分離保管し、春先に、火入れしないまま(生酒)、粗目のフィルタリングのみ実施して、澱や酵母を残したままボトリングする、というもの。

②もうひとつは、12月に実施予定の澱引きを行わず、原液を澱と接触したまま5か月間、寝かせる(シュールリー方式)というものです。この原液を①とは別途分離して保管したまま熟成を続け、2020年3月後半に、あらめのフィルタリングのみおこなって、火入れしない(生酒)ままボトリングします。

①は、昨年「百農民2018・無濾過原液」として120本限定で製造したものと同じプロセスとなります。一方、②のシュール・リー方式による甲州ワインの清算は、当社にとっては初の試みです。「百農民2018・無濾過原液」が、現在も素晴らしい変化を続けている現状を思いますと、来年出荷の②では、それにさらに新しい要素を加えることとなりますから、出来上がりや、その後の変化・熟成が大変たのしみなワインとなることでしょう。

みなさま、百農民2019に、どうぞご期待ください。

収穫体験のご報告(2019年10月7日)

瓶づめ前の原酒、試飲してきました

関連記事

  1. 自分達が本当に飲みたいワイン(2020.8.25)

    今回は「タンクからワインボトルにへワインを瓶詰めする際に行われている製造工程」について、お話ししてみ…

  2. クラウドファンディング(第一期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。より多く…

  3. 葡萄栽培における工夫

    写真は、2016年10月22日に撮影した畑の様子になります。醸造用葡萄の栽培としては珍しく、…

  4. 10月7日(日)葡萄収穫体験を行いました!

    10月7日(日)には、百農民に使用している甲州葡萄の畑で、葡萄の収穫を行いました。過去にお手伝い…

  5. 8/28(火)畑の様子

    8/28(火)の百農民の畑の様子です。房もたわわに、すずなりで、昨年よりも収量は多そうで…

  6. ぶどうの開花が始まりました(2020年5月28日)

    2020年5月28日の葡萄畑の様子になります。だんだんと暖かい時期となり、甲州ぶどうの開花が…

  7. ラベルのデザイン

    百農民甲州2016の、ラベルデザインが確定しました。2016年10月22日に、畑で撮影した写…

  8. 甲州種について

    甲州種という葡萄は、日本固有の品種で、明治期にワイン醸造技術が伝わったことを契機に、栽培が盛んになり…

PAGE TOP