menu

糖度の高い葡萄を作るために

2016年10月22日に撮影した畑の様子になります。

畑の広さは約13アールとなっています。

通常、葡萄は10アールの畑から約2~2.5トン収穫できるそうですが、百農民では、少しでも糖度の高い果実を収穫するために、そこを1トン前後となるよう収量制限をしています。

葡萄木に、小さな房が成った頃、それらを半分以下に落としてしまうのです。

糖度の低い葡萄では、一定のアルコール度数を満たすワインを作るために、だいぶ補糖することになります。

百農民では、できるだけ葡萄だけで醸したワインを作りたいという思いから、上記のような収量制限を行っています。

『良いワインは良い葡萄から』という考えに基づき、『いかに葡萄だけで醸せるポテンシャルを持つ果実を作れるか』というところに力点を置いて葡萄づくりを行っています。

葡萄栽培における工夫

ラベルのデザイン

関連記事

  1. 収穫体験のご報告(2019年10月7日)

    来たる2019年10月7日、百農民の畑(甲州市菱山地区)で、甲州葡萄の収穫体験を行いました。今年の収…

  2. 収穫後の醸造の経過報告

    10月の収穫と、醸造後のご報告です。12月19日、百農民ワインの醸造を委託しているシャトージ…

  3. 5/12(日)畑の様子

    2019年5月12日の畑の様子です。気候も一層暖かくなり、それに合わせたように葉ぶりもいよいよ盛…

  4. 葡萄栽培における工夫

    写真は、2016年10月22日に撮影した畑の様子になります。醸造用葡萄の栽培としては珍しく、…

  5. 葡萄畑の様子(2017年8月17日)

    2017年8月17日の葡萄畑の様子です。果実もかなり大きくなり、甲州葡萄がついに色づき始めま…

  6. クラウドファンディング(第一期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。より多く…

  7. 9月8日の畑の様子

    百農民ワインの醸造に使っている甲州葡萄の収穫まで、いよいよあとひと月となってきました。9月8日、…

  8. 10月27日(土)勝沼バスツアー開催のお知らせ

    来たる10月27日、勝沼のワイナリー見学バスツアーを企画致しました。当日は新宿駅西口に集合し…

PAGE TOP