menu

葡萄栽培における工夫

写真は、2016年10月22日に撮影した畑の様子になります。

醸造用葡萄の栽培としては珍しく、『傘かけ』をしています。

これは、葡萄が雨に濡れて病害が発生するのを防ぎ、少しでも健康な果実を収穫するための工夫です。

『傘かけ』に加えて、『棚作り』も特徴の一つです。

棚の高さはどうやって決まっているのか、葡萄農家の三森さんに伺ったところ、”自分たちの背の高さに合わせて作っている”のだそうです。高すぎても、低すぎても農作業に支障を来たしてしまうでしょうから、棚の高さは、農家によって異なるのでしょうね。

ところで、百農民では、可能な限り低農薬にもこだわっています。

病害虫から葡萄を守るために、葡萄園では、ボルドー液という薬品が使われることが多いのですが、この薬品の特徴としては、散布すると「葡萄の葉」の表面に白い斑点状の塊が残ります。その結果、葉が光合成をする面積が少なくなり、果実に向かう栄養分が減ってしまうことで、葡萄の糖度が下がります。

逆に、ボルドー液を使わなければ、葡萄の葉や木々に病気が発生しやすくなり、良好な果実を得る上では、大きなリスクとなります。そのため、こうした低農薬農法を行うにあたっては、果実を病気にしないための様々な工夫と努力が必要となります。そのひとつが、ひと房ひと房への「笠懸け」であったり、風通しや日当たりを計算した上での「葉の剪定」であったりします。

糖度の高い葡萄を作るために

関連記事

  1. 歴代・百農民ワイン

    ファーストビンテージ「百農民2004」から始まる歴代百農民ワイン…

  2. 葡萄畑の様子(2017年9月25日)

    2017年9月25日の畑の様子になります。果実もしっかりと色づき、ついに収穫間近です…

  3. 9月8日の畑の様子

    百農民ワインの醸造に使っている甲州葡萄の収穫まで、いよいよあとひと月となってきました。9月8日、…

  4. 3/19(火)畑の様子

    2019年3月19日の畑の様子です。長かった冬も終わり、冬眠状態だった葡萄木も、いよいよ目覚めて…

  5. 甲州種について

    甲州種という葡萄は、日本固有の品種で、明治期にワイン醸造技術が伝わったことを契機に、栽培が盛んになり…

  6. クラウドファンディング(第二期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。第一期募…

  7. 2021年度はワインを仕込みます!

    今年(2021年ヴィンテージ)は百農民の畑から収穫する葡萄で、ワインを仕込むことができそうです。今…

  8. 10/4(水)葡萄の収穫祭!

    10/4(水)に、「百農民甲州2017」に使用する甲州葡萄の収穫作業を行う為、山梨県甲州市まで行って…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP