menu

ラベルのデザイン

百農民甲州2016の、ラベルデザインが確定しました。

2016年10月22日に、畑で撮影した写真をラベルのデザインとして取り入れました。

ご覧のとおり、百農民に使う甲州ワインは、生食用葡萄とおなじように、ひと房、ひと房、笠懸けを施しています。

これは、葡萄を雨や病気から守る工夫で、すこしでも良好な果実を得るために、手間をかけて行っているものになります。

糖度の高い葡萄を作るために

甲州種について

関連記事

  1. 歴代・百農民ワイン

    ファーストビンテージ「百農民2004」から始まる歴代百農民ワイン…

  2. クラウドファンディング(第一期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。より多く…

  3. 8/28(火)畑の様子

    8/28(火)の百農民の畑の様子です。房もたわわに、すずなりで、昨年よりも収量は多そうで…

  4. 葡萄の葉が芽吹いてきました(4月19日)

    4月19日の百農民の葡萄畑の様子です。勝沼は4月も下旬を迎え、気候もだいぶ暖かくなってきました。…

  5. 3/19(火)畑の様子

    2019年3月19日の畑の様子です。長かった冬も終わり、冬眠状態だった葡萄木も、いよいよ目覚めて…

  6. 草刈りをしました(4月26日)

    百農民の葡萄畑のお世話をして下さっている三森清さんから、写真の投稿がありました。下は、4月2…

  7. 6月10日(土)『百農民甲州2016』お披露目会 開催のお知らせ…

    来たる6月10日(土)百農民甲州2016のお披露目会を開催します。日 時: 2017年6月10日…

  8. 『百農民』が飲めるワインバー

    新宿区荒木町には350件ほどの飲食店があり、その中にイタリアワインを提供する『Da Salice(ダ…

PAGE TOP