menu

5/25(金)葡萄の花が咲きました

5/25(金)、百農民の畑の様子を見に行ってまいりました。

4月以降、例年以上に暖かい日が多いことを受け、かなり成長が進んでおり、棚は若葉で覆い隠されていました。一斉に葡萄の花が咲いています。中には受粉し終わって、もう小さな実がつき始めているものを混じっていました。

上は、百農民ワインの葡萄栽培を委託している葡萄農家、三森清さんの姿です。三森さんによると、「例年の半月以上、生育が早い」とのことです。

上記は8年の葡萄樹の様子です。こちらの畑には、20年を超えた葡萄樹もあります。

逆にこの細い木は3年目の、とても若い葡萄樹です。添え木がついており、しっかりと育つように養生されています。

さて来月(6月下旬以降)は、ひとつひとつの葡萄の房に、生食葡萄と同様に「笠かけ」を手作業で行います。作業の様子は、またこちらのブログでレポートさせて頂きますね!

葡萄の樹が水を吸い上げ始めました

新酒ワインお披露目(終了)

関連記事

  1. 12/3(日)醸造の様子を聞いてきました

    12/3(日)に、甲州市勝沼のワイナリー、シャトージュンさんに行ってまいりました。シャトージュン…

  2. 葡萄の樹が水を吸い上げ始めました

    3月11日の百農民の畑の様子です。冬場、仮死状態だった葡萄の樹が、春の目覚めに伴い、根が地中…

  3. 10/4(水)葡萄の収穫祭!

    10/4(水)に、「百農民甲州2017」に使用する甲州葡萄の収穫作業を行う為、山梨県甲州市まで行って…

  4. 葡萄農家(三森ご夫妻)

    三森さんは、ご夫妻で葡萄農家を営んでいます。お宅の近くにいくつかの葡萄畑を構えており、農園ま…

  5. 糖度の高い葡萄を作るために

    2016年10月22日に撮影した畑の様子になります。畑の広さは約13アールとなっています。…

  6. クラウドファンディング(第一期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。より多く…

  7. 勝沼ぶどう郷駅について

    山梨県甲州市には、『勝沼ぶどう郷』駅という、お洒落な名前の駅があります。勝沼ぶどう郷駅には、…

  8. クラウドファンディング(第二期)始めました

    私たちは、日本古来の葡萄品種「甲州種」を使った甲州ワインを、普及する活動を行っています。第一期募…

PAGE TOP